トップ > はじめの一歩

はじめの一歩


メモ帳を作ってみよう

QtのGUIプログラムの最も簡単な例として、シンンプルなテキストエディタを作ってみます。

このソースコードはQtのインストールディレクトリ以下の次の場所にあります。
Examples/Qt-5.5/widgets/tutorials/gettingStarted/gsQt/part1

プロジェクトファイルをQtCreatorで開いて実行すると、次のウィンドウが表示されます。

続きを読む


メモ帳に終了ボタンを付ける

実際のアプリケーションではいくつかのWidgetを使うことになると思います。
ここではQPushButtonについて見ていきます。

このソースコードはQtのインストールディレクトリ以下の次の場所にあります。
Examples/Qt-5.5/widgets/tutorials/gettingStarted/gsQt/part2

プロジェクトファイルをQtCreatorで開いて実行すると、次のウィンドウが表示されます。

テキストエディターの下に終了ボタンがあり、このボタンを押すとメモ帳が終了します。

続きを読む


QWidgetでサブクラス化

ここでは、ユーザーがアプリケーションを終了させるとき、確認のポップアップダイアログを表示して、本当に終了するか確認を行うようにします。
QWidgetのサブクラスとして、Notepadクラスを実装します。

このソースコードはQtのインストールディレクトリ以下の次の場所にあります。
Examples/Qt-5.5/widgets/tutorials/gettingStarted/gsQt/part3

プロジェクトファイルをQtCreatorで開いて実行すると、次のウィンドウが表示されます。

続きを読む


QMainWindowを使う

QMainWindowを使うことでメニューやツールバー、ステータスバーなどを簡単に追加できるようになります。
QMainWindowはウィンドウの中央に何かしらのWidgetを配置します。
今回もメモ帳を拡張していきますので、QTextEditを配置します。

このソースコードはQtのインストールディレクトリ以下の次の場所にあります。
Examples/Qt-5.5/widgets/tutorials/gettingStarted/gsQt/part4
プロジェクトファイルをQtCreatorで開いて実行すると、次のウィンドウが表示されます。

続きを読む


メモの保存とロード

ここでは前回未実装のopenとsaveのスロットを実装します。
このソースコードはQtのインストールディレクトリ以下の次の場所にあります。
Examples/Qt-5.5/widgets/tutorials/gettingStarted/gsQt/part5

アプリケーションを実行して、FileメニューのLoadを選択すると次のダイアログが表示されます。

続きを読む